読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トライクラフト

ふと思いついてやったことを書いていきます

2Fをカフェ風に

そういえば、以前建てたマイホームは2階建てだということをすっかり忘れていました(汗)。

今のところ2階には何もありません。

 

f:id:freePerson:20170209183622p:plain

 

せっかくなのでここを使って、カフェ風の空間を作ってみたいと思います。

 

ホントは漫画喫茶っぽいものを作る予定だったのですが、漫画(本棚)を置くスペースが少なくて、うまく作れなそうなので今回はやめておきました。

 

 

 

完成図 

f:id:freePerson:20170321185635p:plain

2階への階段を上がったところです。

レンガとマツの葉っぱで仕切りをつくったり、エンチャントテーブル・看板・階段を使って、店が混んでる時に待つところ(?)みたいなものを再現してみました。

 

 

f:id:freePerson:20170321190938p:plain

ここにはカウンターと一人用の席があります。

メニューとして、ナッツとしてかぼちゃの種や、未だに食べたことがないビートルートスープなどを用意しました(笑)。

 

f:id:freePerson:20170321190949p:plain

その反対側には、テーブルとソファーがあります。

最近、醸造台をゲットしたのでそれも置いてみました。ここはポーションを作る場所として活用できそうです。

エンチャントを快適に

PC版のバージョン1.8から、エンチャントの際にラピスラズリが必要になりました。

 

f:id:freePerson:20170320105940p:plain

 

いちいちラピスラズリをチェストから取り出すのも面倒なので、もっと楽ができるようにしてみます。

 

 

エンチャントルームを改造

f:id:freePerson:20170318101552p:plain

上の画像は改造前の、飾りじゃないのよレバーは - トライクラフトでエンチャントルームを作った時の画像です。

通路が狭いくらいしかコメントすることが無いですな(笑)。

 

 

 

f:id:freePerson:20170320112605p:plain

改造後はこのようになりました。

チェストにはエンチャントをする対象の、武器防具や本が入っています。

見えづらいですが、画像の真ん中辺りに重量感圧板(重)があり、それを踏むと・・・

 

 

f:id:freePerson:20170320113021p:plain

床からラピスラズリが湧き上がってきます。

エンチャントをするときには、真っ直ぐエンチャントテーブルに歩いていくだけでラピスラズリを用意することが出来ます。感圧板を一回踏むごとに3つのラピスラズリが出てきます。

 

 

そして、壁のレバーを上げると・・・

f:id:freePerson:20170320113431p:plain

f:id:freePerson:20170320113437p:plain

今度は床が開きます。

その穴から、ハシゴで下に降りられるようになっています。

 

f:id:freePerson:20170320113629p:plain

降りると、このような景色が広がっています(笑)。

目の前の3つのかまどみたいなブロックは全て、上向きに設置したドロッパーです。ラピスラズリが無くなったら、ここから直接補充します(ホントはこれも自動化したかった・・・)。

 

 

感圧板を踏むとこれらのドロッパーからそれぞれひとつずつ、ラピスラズリが発射される仕組みになっています。

 

 

ちなみに、床が開いている(レバーが上がっている)ときは、左側のリピーターが右側のリピーターをロックするので、感圧板を踏んでもラピスラズリが出なくなります。

 

 

穴の場所的に、ハシゴを登り切った時に間違えて感圧板を踏んでしまい、「あ”あ”あ”あ”あ”!!!」となることがあったので、ロックするようにしてみました(笑)。

 

 

 これにて完成です。

サトウキビを自動で収穫(回路)

タイトル通り、サトウキビを自動で収穫してくれる装置を作ります。

 

ブログには書いていませんでしたが、普段使っているダイヤのツルハシや斧は、村人との交易で入手しています。

交易するためのエメラルドのほとんどは、司書の村人に紙を渡すことによって手に入れています。

 

つまり、私が快適に石掘りや木こりが出来ているのは、紙の原料であるサトウキビのおかげなのです。I Love サトウキビ!です(笑)。

 

ということで、作っていきます。

作るにあたり、以下の動画を参考にさせていただきました!


Minecraft 大釜型BUD回路と、それを使ったサトウキビ収穫機

 

 

作業開始

 

f:id:freePerson:20170316221116p:plain

いきなり完成図です(笑)。

やっていることは動画とほとんど同じですが、今回はサトウキビの回収にオブザーバーとホッパー付きトロッコを使ってみました。

さらに、BUDとして大釜ではなく、スライムブロックを使ったものを使用しました。

 

BUDについては私では説明できる気がしないので、知りたい方はググってください!(汗)

 

 

ちょっと解説

f:id:freePerson:20170316234025p:plain

この装置の動きを解説します。

  1. 最初にサトウキビが成長します。

  2. すると、それを感知してオレンジ色の部分のピストンが作動します。それによって左の方の上向きピストンも作動します。
  3. すると、エメラルドブロックも一緒に動きます。それをオブザーバーが感知して、パワードレールに信号を送り、トロッコが発進します。奥まで行ったら戻ってきます。

 

f:id:freePerson:20170317000758p:plain

ここにリピーターがあるのですが、遅延が少ないとトロッコが発進できません。

最低でも遅延3は必要みたいです(画像では遅延4(最大)にしています)。

 

 

さいごに

f:id:freePerson:20170317001445p:plain

サトウキビの消費が激しい私にとっては、装置がひとつだけだと効率が悪く、供給が追いつきません。

なので、もうひとつ作りました(これでもまだ追いつきませんが・・・)。

 

 

それと、エメラルドをGETするためとも言える装置にエメラルドブロック(エメラルド9個で作れる)を使うのもどうかと思い、別のブロックに置き換えました(笑)。

 

 

とりあえず自動で収穫できるようになったので、あとはこの装置の周りに建物でも作って隠したいと思います。